相談者 50代男性 / 福岡市在住 / 職業:パート
事故態様 自転車対車
傷病名 左外傷性肩関節周囲炎、左膝・左骨盤・左上腕打撲傷、右膝擦過創等
特に相談したい事 ・加害者が年齢限定の任意保険にしか加入しておらず、任意保険が使えない
・主夫業に支障がでたが補償されるのか

相談内容

私は、福岡県に住む50代の男性です。

私が自転車に乗車して交差点を直進しようとしたところ、私から見て対向方向から右折してきた4輪自動車に側面からぶつけられ、その衝撃で転倒し、左半身の打撲等の怪我を負いました。

加害者本人は任意保険に加入しておらず、私は、自費で治療をしてきましたが、左肘の痛みが中々良くならず、自分で後遺障害の申請をしたところ、14級の認定がなされました。

加害者から私の受けた損害を賠償してほしいのですが、自分ではどうすればよいのかが分からないので、ご相談させてください。

また、私は、事故当時、パートをしながら高齢の両親の介護を行っていました。いわゆる兼業主夫です。

事故後の痛みでパートや主夫業にも支障が出たのですが、これに対する補償を相手に請求できるのかどうかも知りたいです。

この方の解決までの内容や直筆アンケート等の詳細は、【解決実績】任意保険未加入の加害者の勤務先から、裁判を経て400万円が支払われた事例をご覧下さい。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由