相談者 福岡県在住の70代女性/職業:主婦
事故態様 バス乗車中に急ブレーキをしたため転倒
傷病名 腰椎圧迫骨折等
特に相談したい事 ・保険会社から提示された示談金の金額が適正かどうか
・今後の保険会社との交渉

相談内容

私は、福岡県在住の70代の女性で、夫と二人暮らしの主婦です。

所用があってバスに乗車していました。

座席がほぼ満席だったため、吊り革に掴まって立って乗っていたのですが、バスの前に車が割り込んだかなにかで、バスが急ブレーキをかけたため、急ブレーキの反動で体が大きく揺さぶられ、そのまま転倒し、腰を強打してしまいました。

すぐに救急搬送され、レントゲン検査を受けたところ、腰椎が圧迫骨折しているということで、入院することになりました。

その後、治療も終わりましたが、相手の保険会社の担当者から、私の後遺症について後遺障害が認定された、そのうえで、示談金として550万円を支払うという連絡が最近ありました。

私としては、治療中のときから、相手の保険会社の担当者が一方的に話をしてきたり、高圧的な態度をしてきたりしていたため、担当者には不信感しかありません

ですので、示談金として提示された金額が適正なのかどうかを知りたいのと、適正でないとすれば、自分で交渉するのは気が滅入るので弁護士の先生にお願いしたいと考えています。

より詳しい内容、当事務所の活動や直筆のアンケートは、【解決実績】当事務所にご依頼され、550万円の提示から総額1,200万円の補償を受けた事例(11級)をご覧ください。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由