福岡県福岡市在住の20代男性会社員の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、バイクに乗車中、交通整理の行わえている交差点を右折中に、対向車線から同交差点を左折したいたタクシーが急に方向転換をして直進してきたために衝突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、腰椎L4横突起骨折、頚椎捻挫、左助軟骨損傷等の怪我を追われました。

事故直後にご相談いただき、加害者の保険会社から自身の過失が大きいので治療費を一括対応しないと言われ、どうしたらよいかわからないとのことでご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご相談時に事故状況を詳しくききとり、通常の直進車両と右折車両との衝突事故とは異なり、こちらに有利な過失割合になる可能性が高いと判断しました。

受任後、相手の保険会社に治療費の一括対応の交渉をしましたが、主張はかわりませんでした。

そこで、治療は継続しつつ、建て替えた治療費や慰謝料を自賠責保険会社から当事務所より直接被害者請求を行うことで一部の賠償を受けることができました

その後、適切な額の賠償を受領するために裁判を提起し、加害者の車に搭載されたドライブレコーダーを証拠として提出するなどした結果、被害者6:加害者4の過失割合が、被害者4:加害者6と、過失を逆転することができ、適正な補償を受けることができました。

補償の内容は以下のとおりです。

傷害慰謝料 90万円
過失割合 6割(示談交渉時)→4割(裁判後)
総賠償額 約117万円

この事例の詳細、ご依頼者からのアンケート等、詳しくは、【解決実績】裁判をすることで示談交渉時の過失割合を逆転し、適正な補償を受けた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由