福岡県福岡市在住の40代男性SEの事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、バイクに乗車中、居眠り運転で車線をはみ出してきた自動車に正面から衝突されるという交通事故に遭い、ドクターヘリで病院に救急搬送され、緊急手術後、そのまま入院となりした。

この事故で、急性硬膜下血腫、脳挫傷、前頭蓋低骨折、頭蓋冠骨折、上顎骨骨折、両側嗅神経障害、右前頭部知覚障害、右外傷性動眼神経麻痺、右抹消神経顔面神経麻痺、右視神経管骨折、視神経損傷等と診断とされ、後日、頭蓋形成術の怪我を負われました。

退院後、後遺障害の申請や今後の示談交渉などの保険会社とのやりとりについてご相談いただき、ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

通院時期からのご依頼でしたので、ご本人には治療に専念していただき、当方で診断書や刑事記録を取り寄せ、詳しい事故状況や怪我の内容、治療内容を入念に確認し、事故後7ヵ月で症状固定とし、後遺障害申請を行いました。

その結果、高次脳機能障害、外貌醜状、視覚障害、嗅覚障害の全てに後遺障害が認められ、併合5級の認定を受けました。

その後、裁判も辞さないという姿勢で交渉に臨み、傷害慰謝料・後遺障害慰謝料はともに裁判基準の2割増、その他と合わせて4,000万円の補償を受けることができました。

補償の内容は以下のとおりです。

入院付添費 62万円
入院雑費 8万円
休業損害 255万円
傷害慰謝料 250万円(裁判基準2割増
逸失利益 3,550万円
後遺障害慰謝料 1,680万円(裁判基準2割増
調整金 60万円
総賠償額 4,000万円

この事例の詳細、ご依頼者からのアンケート等、詳しくは、【解決実績】高次脳機能障害、顔の傷痕等の後遺障害が認められ4,000万円が補償された事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由