被害者 行橋市在住の30代女性 / 職業:兼業主婦
傷病名 右脛骨骨幹部開放骨折、右腓骨骨幹部骨折、右足関節内果骨折等
後遺障害 12級7号
解決内容 後遺障害等級認定サポート、裁判せずに1,500万円(裁判基準)で解決

事故態様

30代の福岡県行橋市在住の女性(兼業主婦)が、自転車に乗車して歩道上を通行していたところ、路外から道路上へ進入しようとした自動車に衝突され、右脚の骨を折るなどの重傷を負いました。

ご相談内容

弁護士桑原淳

被害者は、今回の事故により、長期の入通院治療を受けざるを得なくなり、ご相談時には約2年以上も治療を続けられている状況でした。

事故前と同じ体の状態に戻すことは難しく、今後の後遺障害の申請や示談交渉についてご相談したいとのことでご来所されました。

当事務所の活動

弁護士桑原淳

後遺障害の申請にあたって、事故から2年以上に渡る治療状況に関する資料(診断書等)を取り寄せるとともに、レントゲン画像なども取り寄せ、被害者の症状の確認を行いました

その後、主治医に後遺障害診断書を作成してもらい、当事務所で後遺障害の申請を行いました。

その結果、右足がうまく曲げられない症状につき、12級7号の後遺障害の認定がなされました。

この認定結果を踏まえて相手方の保険会社と示談交渉を行ったところ、慰謝料や逸失利益など含め総額で1,000万円ほどの示談提示でしたが、粘り強く交渉を続けた結果、裁判した場合の見込額と同額の約1,500万円での金額提示がなされたことから、示談により解決となりました。

主な損害項目と金額

休業損害 195万円
傷害慰謝料 273万円
逸失利益 744万円
後遺障害慰謝料 290万円
総賠償額 1,518万円

弁護士桑原の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

後遺障害の申請段階からご依頼をお受けしたため、後遺障害の申請から示談交渉の開始までスムーズに進むことができました。

その後の示談交渉では、相手方が中々回答を出さないなどしたため、時間が掛かりましたが、最終的には裁判した場合と同額の金額提示までなされ、裁判するよりも早く、負担の少ない方法で解決することができました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由