福岡県在住の30代男性(専門学校生)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、バイクで片側2車線の道路の右側を走行していたところ、脇見運転の自動車が左側から右折侵入してきたために、回避できず衝突するという交通事故に遭われました。

被害者は、この事故で頚椎捻挫、腰部挫傷などの怪我を負われ、後遺障害14級が認定されました。

今後の保険会社との交渉、賠償金を適切な金額にしてほしいと当事務所にご相談いただき、ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

この方は、すでに後遺障害14級が認定され、保険会社から賠償金の提示がされていましたので、ご依頼後、必要な書類を取り寄せ、適切な金額の賠償金はいくらなのかを検討、計算し、それを元に交渉を行いました。

被害者は「後遺障害が残ることで、学校を卒業した後、仕事に支障がでるのでは」と懸念されており、現在の生活への支障や将来への不安を感じているということを保険会社の担当者にきちんと説明し、納得してもらえた結果、裁判で認められる賠償額を上回る金額で示談することができました。

補償の内容は以下のとおりです。

傷害部分慰謝料 (サポート前)72万円→(サポート後)118万円 ※46万円増額
後遺障害喪失利益 (サポート前)50万円→(サポート後)95万円 ※45万円増額
後遺障害慰謝料 (サポート前)40万円→(サポート後)99万円 ※59万円増額
過失相殺 5%
最終支払額 (サポート前)147万円→(サポート後)290万円 ※143万円増額

この事例の詳細は、【解決実績】示談交渉で裁判した場合に認められる賠償額を上回る290万円が補償された事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由