相談者 40代男性 / 福岡県在住 / 自営業
事故態様 自動車対自動車
傷病名 腰椎挫傷、外傷性頚部症候群
後遺障害等級 併合14級

主な損賠項目と賠償金額

後遺障害慰謝料 99万円
傷害慰謝料 104万円
逸失利益 156万円
休業損害 6万円
最終支払額 365万円(治療費除く)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県福岡市在住の40代の男性が自動車に乗って赤信号のため停車中、飲酒運転の車に後方から衝突されるという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で腰椎挫傷、外傷性頚部症候群の怪我を負われました。

事故から8ヶ月ほど経過し、もうまもなく治療が終了予定というタイミングで、治療終了後の保険会社との対応を相談したいとご来所いただき、そのままご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

すでに事故から8ヶ月経過しているのにも関わらず痛みが残っているとのことでしたので、後遺障害の申請についてご説明しました。

ご依頼後、症状固定となり後遺障害診断書の作成をご依頼者・当事務所の両方から病院へ依頼し、必要書類が揃ったところで後遺障害の申請を行いました。

その結果、頸部の痛み・腰部の痛みともに「局部に神経症状を残すもの」としてそれぞれ14級9号の後遺障害が認められました。

認定後、保険会社との示談交渉へと移り、飲酒運転による事故ということもあり通常と比べて高めの金額で慰謝料を請求しました。

数度の交渉を経て、裁判を行うことなく365万円の補償を受けることで解決となりました。

お客様アンケート

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由