相談者 10代男児 / 福岡県在住 / 小学生(事故当時)
事故態様 自転車対自動車の自転車側
傷病名 外傷性くも膜下出血、脳挫傷、急性硬膜下血腫等
後遺障害等級 12級13号(事前認定)

主な損賠項目と賠償金額

後遺障害慰謝料 260万円
慰謝料 50万円
逸失利益 320万円
入院雑費・付添費 17万円
最終支払額 365万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県在住の10代の小学生の男の子が、習い事へ行くために自転車に乗って交差点を横断中、自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

男の子はこの事故で、頭部に怪我を負われ、救急搬送された病院で外傷性くも膜下出血、脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫等と診断され、入院となりました。

事故から1年以上の治療を経て、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として後遺障害12級13号が認定され、加害者の保険会社から示談金を提示されたタイミングで当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、まずは提示された示談金の金額が適正かどうかを判断するため、事故に関わる書類一式を保険会社から取り寄せました。

これまでの入通院の日数確認や、ご両親いずれかの付添が必要だった日数の確認等を丁寧に行うと同時に、刑事記録についても取り寄せ、事故の状況を正確に把握するよう努めました。

全ての資料が揃い、後遺障害の認定結果の検討等も終わり、請求金額を確定させた後、保険会社との示談交渉へと移りました。

交渉では、後遺障害慰謝料と逸失利益が激しく争われましたが、粘り強く交渉を続け、本来受けるべき金額まで引き上げる事ができ、最終的に提示されていた金額よりも100万円ほどの増額に成功し、最終的に約365万円を賠償金として受け取ることで解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由