相談者 30代女性 / うきは市在住 / 主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 外傷性頚部症候群、腰部打撲、臀部打撲、急性内耳性平衡障
後遺障害等級 併合12級(首:12級13号、腰:14級9号)

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 96万円
後遺障害慰謝料 124万円
逸失利益 408万円
休業損害 88万円
その他 2万円
最終支払額 724万円(治療費除く・自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県うきは市在住の30代の女性(主婦)が、車で走行中、前方に障害物を確認したため停車したところ、後続車に追突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で外傷性頚部症候群・腰部打撲・臀部打撲・急性内耳性平衡障害などの怪我を負われました。

一度は通院で治療を受けようと思っていたものの、手足のしびれがひどく、歩行すら困難であったため入院となり、入院中はご主人が有給を取得して家事を行っていました。

しかし、退院後は自身が家事や保険会社の対応を行わなければならず、今のままだと難しいと考え、すべての対応を任せたいと当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後は治療に専念いただき、事故から半年ほど経過した時点で症状固定とし、後遺障害の申請を行いました。

その結果、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として首などに後遺障害12級13号が、「局部に神経症状を残すもの」として腰などに後遺障害14級9号が認定され、それらを併合して12級の認定を獲得することができました。

認定後は保険会社との示談交渉に移り、数度の交渉を経て、724万円の補償を受けることで解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由