相談者 男性(40代) / 福岡市在住 / 職業:会社員
事故態様 自動車対自動車(追突事故)
傷病名 頚椎捻挫・外傷性頚部症候群・左膝関節打撲傷・右膝関節痛
後遺障害等級 14級9号

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 【保険会社提示】41万円 → 【交渉後】87万円(46万円増額)
後遺障害慰謝料 【保険会社提示】0円→ 【交渉後】100万円(100万円増額)
逸失利益 【保険会社提示】0円 → 【交渉後】120万円(120万円増額)
最終支払額 【保険会社提示】47万円 → 【交渉後】310万円(263万円増額)※自賠責保険金含む

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡市在住の会社員の男性が、家族を自動車に乗せて運転し、信号待ちのため停車したところ、後続車に追突され、衝撃で前の車にも衝突する玉突き事故に遭われました。

男性はこの事故で頚椎捻挫、外傷性頚部捻挫、左膝関節打撲傷、右膝関節痛の怪我を負われました。

事故後、同乗のご家族は治療が終了したものの、男性は治療を継続し、事故から半年経過した時点で保険会社から治療費を打ち切られました。

しかし、痛みが残っていたことから自費で通院を続け、後遺障害の申請をするため当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼と同時に保険会社よりこれまでの経過がわかる診断書など必要書類の取り寄せ、ご本人からも自費で通院された際の領収書をお送りいただき、後遺障害の申請準備を開始しました。

全ての資料が揃い、自賠責調査事務所へ後遺障害の申請を行った結果、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号の認定を受けることができました。

認定後、保険会社との交渉に移りました。

交渉において、保険会社は事前に提示した金額よりも130万円ほど増額した賠償額を提示してきましたが、当方の主張よりも低額であったため引き続き交渉を行った結果、さらに約60万円程増額することができました。

裁判を行うことでさらなる増額が見込めましたが、依頼者と相談の上、今回は裁判をせず示談での解決を目指す方針となったため、さらに粘り強く交渉を行い、最終的に総額263万円の増額に成功し、当方の主張する裁判基準に使い金額での示談解決となりました。

本件では、後遺障害が認められたことで、大幅に賠償金を増額することができました。

後遺障害の申請のためには様々な証拠を添付することができ、今回のケースでは自費で通院した際の領収書を添付しました。

症状固定後の自費通院のため、保険会社に金額を請求することはできませんが、後遺障害申請の場合には、「自費で通院するほど痛みが残存している」という証拠となります

このように、意外な証拠が後遺障害の認定に有利になる場合があるため、早期に弁護士に相談いただき、後遺障害申請のサポートを受けていただくことをおすすめいたします。

お客様の声

お客様アンケート

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由