相談者 女性(50代) / 福岡市在住 / 職業:主婦
事故態様 歩行者対自動車の歩行者側
傷病名 左足関節捻挫、左足部挫傷、右足関節挫傷、左手関節部挫傷、左手挫創

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 約78万円
休業損害 約34万円
最終支払額 約145万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡市在住の50代の女性が、仕事帰りに青信号の横断歩道を徒歩で横断中、前方から走行してきた車が急に右折し、そのまま衝突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で 左足関節捻挫、左足部挫傷、右足関節挫傷、左手関節部挫傷、左手挫創等の怪我を負われました。

事故後半年ほど通院を続けていたものの、症状改善しなかったことから後遺障害の申請をしたものの非該当となり、今後異議申立てをするのかの検討、加害者側に何を請求できるのかが全くわからないため弁護士に示談交渉を任せたいとご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご相談時に後遺障害診断書と申請結果をご持参いただき、その場で内容を確認させていただいた上で異議申立ては行わないという方針となりましたので、示談交渉からサポートさせていただきました。

ご依頼後、すぐに資料を取り寄せ、損害額の計算を開始し、示談交渉へと移りました。

ご依頼者様は一人暮らしをされていましたが、諸事情により別居中のご子息のために家事などを行っており、主婦としての休業損害の補償を受けられるよう主張しました(本来、単身者の主婦としての休業損害は原則として認められません。)。

その結果、主婦としての休業損害はほぼ満額・その他の損害についても適正と思われる金額が認められたため、裁判することなくご依頼から解決までわずか1か月でのスピード解決となりました。

お客様の声

お客様の声

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由