相談者 男性(80代) / 福岡県在住 / 職業:無職
事故態様 自転車(被害者)対自動車(加害者)
傷病名 中心性頸髄損傷、第6胸椎椎体骨折、右外傷性血胸等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約183万円
後遺障害慰謝料 約701万円
付添費 約30万円
過失割合 20%
最終支払額 約868万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県八女市在住の80代の男性が、横断歩道のない場所で歩道から車道に出て道路を横断しようとしたところ、後方から進行してきた自動車に衝突され、3~4メートルほどはね飛ばされるという交通事故に遭い、ドクターヘリで救急搬送されました。

 この事故によって男性は中心性頸髄損傷、第6胸椎椎体骨折、右外傷性血胸等の怪我を負い、入院・治療を余儀なくされました。

 その後、転院などをしつつ、5か月ほど治療を継続していたところ、保険会社から症状固定について主治医に確認して欲しいと連絡がきたため、今後の治療や後遺障害の申請をしたほうがいいか等をご家族が当事務所にご相談いただき、ご依頼いただきました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼を受けた時点で主治医から症状固定時期にあるという意見をいただいていたため、すぐに後遺障害申請の準備を行いました。

 記憶力の低下や頸髄損傷に関する訴えがあったため、後遺障害診断書とは別に神経学的所見の推移についての書類を病院に、被害者・ご家族には日常生活近況報告書をご作成いただきました。

 それらの書類が揃った段階で後遺障害の申請を行ったところ、高次脳機能障害は認められないとされたものの、脊柱の変形について6級5号中心性頸髄損傷について12級13号の後遺障害が認められ、それらを併合して5級の認定を受けることができました。

 後遺障害の認定後、保険会社との交渉に移り、加害者の脇見運転の事実や被害者が今回の事故によって日常生活において不便を強いられていることなどを細かく説明しました。

 最終的には868万円の補償を受けることで合意が成立し、示談での解決となりました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由