相談者 男性(60代) / 佐賀県在住 / 職業:無職
事故態様 歩行者対自動車
傷病名 死亡

主な損賠項目と賠償金額

逸失利益・慰謝料・葬儀費等 約3120万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 佐賀県在住の事故当時60代の男性が、夜間に横断歩道のない道路を横断中、走行してきた車に衝突され、急性硬膜下血腫、頭部挫創、脾損傷等の大怪我を負う交通事故に遭われました。

 事故後、男性は病院へ救急搬送され、懸命な手術が行われたものの、事故の翌日にお亡くなりになりました。

 事故から1か月ほどたった頃、ご遺族の方々が加害者側との今後の示談交渉などについて弁護士に話が聞きたいとのことでご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼後、戸籍謄本をはじめ、葬儀関係費やその他の費用がわかる資料を代表相続人の方に収集をお願いしました。
 
 すべての資料が揃ったところで当事務所にご郵送いただくとと同時に、相手からも今回の事故に関する書類を取り寄せ、適正な賠償金の算出等をすすめました。

 賠償請求の準備が完了し、保険会社との交渉にうつりました。

 保険会社は、治療費を含め、自賠責保険の上限しか支払わず、もし上限を超える賠償をする場合は、被害者側に対して加害者側の物損について請求をするという主張をしてきました。

 本件では、被害者側にも一定の過失が認められていたため、ご遺族とも協議した上で交渉を続け、最終的に自賠責保険の上限を上回る金額での賠償金が補償され、加害者側の物損については遺族側に請求しないという内容で示談することができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由