相談者 男性(40代) / 福岡県柳川市在住 / 職業:造園業
事故態様 自動車対自動車
傷病名 顔面挫創・顔面打撲傷・右眼球打撲傷

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 11万円
後遺障害慰謝料 414万円
合計額 424万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県柳川市在住の造園業を営む男性が、片側1車線の道路を準中型貨物自動車で走行中、前方からきたセンターラインオーバーの車に衝突されました。

 事故の衝撃でドアミラーが畳まれてその勢いのまま窓を開けていた運転席に入り込んできたため、男性の顔面に直撃し、顔面挫創、顔面打撲傷、右眼球打撲傷等の怪我を負われ、顔の傷については11針縫う手術を受けられました。

 事故から約1か月ほど経過したタイミングで医師より今後の治療は不要と言われたため、今後の後遺障害の申請や相手の保険会社への対応などを当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼いただいた時点で症状固定となっており、また、男性の顔面に残った傷は今後も残ってしまう可能性が高いと判断し、これまでの診断書などを取り寄せ後遺障害申請の準備を進めました。

 後遺障害申請には弁護士が同席させていただき、今回の事故で負った傷跡を指し示し、適切な長さを図ってもらえるようにサポートを行った結果、「外貌に醜状を残すもの」として後遺障害12級14号が認定されました。
 
 後遺障害の認定後は保険会社との交渉に移り、逸失利益は認められなかったものの、後遺障害慰謝料については基準額よりも増額した金額・傷害慰謝料は通院期間をもとに赤い本基準で算定し増額した金額がそれぞれ認められ、最終的に424万円の補償を受けることができました。

 上記金額は、裁判をした場合に想定される金額よりも高い金額でしたので、ご依頼者様との協議の結果、裁判は行わず示談解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由