相談者 男性(20代) / 福岡県春日市在住 / 職業:学生
事故態様 バイク対車
傷病名 右踵骨骨折、右距骨後突起骨折、外傷性頚部症候群、背部挫傷、擦過傷等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 110万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 48万円
休業損害 41万円
通学交通費 13万円
合計額 195万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県春日市在住の20代の男子学生が原付バイクで走行中、後ろから走行してきた大型トレーラーの進路変更に巻き込まれ転倒する交通事故に巻き込まれ、トレーラーは停止することなく逃走しました。

 男性は、救急搬送された病院で右踵骨骨折、右距骨後突起骨折、外傷性頚部症候群、背部挫傷、擦過傷等と診断されました。

 事故から数日後、犯人は見つかったのの、事故の影響でアルバイトができなくなり、今後相手に請求する賠償金や今後の治療などを当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。
 

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼時はまだ治療中であったため、治療に専念していただき、その間に警察から事故の記録を取り寄せるとともに、相手方保険会社にアルバイト代を休業損害として請求し、定期的に支払ってもらうよう交渉を行いました。

 事故から6ヶ月経過したタイミングで症状固定となったため、必要書類を揃えて後遺障害申請を行いました。

 その結果、右踵・後頚部の痛みについてそれぞれ「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認定され、それらを併せて併合14級となりました。

 認定後は、保険会社との示談交渉に移り、後遺障害逸失利益について基礎収入や労働能力喪失期間について争いました。

 最数的に、基礎収入は大学卒業までは事故前年の実収入に基づいた金額大学卒業後は大卒男子の平均賃金とすることとなり、労働能力喪失期間は裁判で認められることの多い5年間と認定されました。

 裁判に移行すると大学卒業後の基礎収入や通院・通学で利用した交通費などが争点になる可能性もあり、依頼者様と協議のうえ、今回は裁判をすることなく最終的に195万円の補償をうけることで示談解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由