相談者 男性(50代) / 福岡県久留米市在住 / 職業:会社員
事故態様 車対車
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 【依頼者】約85万円・【同乗者】85万円
後遺障害慰謝料 【依頼者】約99万円・【同乗者】99万円
逸失利益 【依頼者】約71万円・【同乗者】108万円 ※裁判基準
休業損害 【依頼者】約90万円・【同乗者】22万円
合計額 【依頼者】約349万円・【同乗者】318万円 ※治療費除く

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県久留米市在住の会社員の男性が、車に乗って赤信号のため停車中、前方不注視の後続車がすぐ後ろに停車していた車にノーブレーキで追突し、その衝撃で依頼者の車にも衝突する玉突き事故に巻き込まれました。

 男性および同乗者の女性は頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負い、事故から約半年ほど治療を続けられていたものの、痛みは続いていました。

 しかし、保険会社からそろそろ症状固定にとの打診を受け、まだ痛みがあるのにも関わらず治療を終えないといけないのかと不安に感じ、当事務所にご相談・ご依頼いただくこととなりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼後、1か月ほど治療を続けていただいた後、症状固定となりました。

 症状固定後は、必要書類を揃え後遺障害申請を行い、認定結果が出るまでの間に損害計算を行って、依頼者様が受けられるべき補償を算出しました。

 その後、後遺障害併合14級が認定され、示談交渉へと移りました。

 本件では、依頼者の後遺障害の認定がおりた部位に重複する既存の障害があり、裁判では20%ほどの素因減額が認めれる可能性もあったことから、示談交渉で最大限の補償を受けられるように取り組みました。

 最終的に、依頼者様は約349万円、同乗者の方は約318万円の補償をそれぞれ受けていたくことができ、交渉開始からわずか2週間でのスピード解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由