相談者 女性(30代) / 福岡県太宰府在住 / 職業:主婦
事故態様 車対車
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫・両下腿打撲等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 65万円
休業損害 38万円
合計額 105万円(治療費除く)

事故発生からご依頼まで

 福岡県太宰府市在住の女性が、車で走行中、前を走っていた車が突然急ブレーキをかけたため自分も急ブレーキで止まったところ、後続車に追突され3台が絡む玉突き事故に巻き込まれました。

 事故の衝撃により、ガラスが大きく割れるなどの損傷を負った他、女性は頚部捻挫、腰椎捻挫、両下腿打撲等の怪我を負い、通院を余儀なくされました。

 事故から3か月ほど通院を続けていたところ、医師から「そろそろ治療を終わってはどうか」と言われ、まだ痛みが残っているから通院したいがどうしたらいのかと当事務所にご相談いただき、そのままご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼いただいたいタイミングではまだ保険会社からは治療の終了を打診されていなかったため、弁護士に依頼したことがきっかけで治療終了をもとめてくる可能性があったことから、保険会社には弁護士に依頼したことを通知せず、治療に専念いただきました。

 医師に痛みがあること、まだ治療を受けたいこと、治療をうけることで症状が改善していることなどを伝えていただくようアドバイスし、保険会社からの連絡時も都度対応方法をお伝えするなどのサポートを行いました。

 ご依頼から約2か月ほど治療を続けていただき、無事痛みが軽減して治療終了となることが決まったため、このタイミングで保険会社に弁護士に依頼したことを通知し、示談交渉に向けた準備をおこないました。

 示談交渉では、事故によりどのように家事や生活に支障があったのかを具体的に主張し、交渉を行った結果、休業損害を含み約105万円の補償をうけることができました。

 万が一、医師が治療終了について話をされた3か月時点で痛みが残ったまま治療を終了していたら、半分ほどの金額しか補償されなかった可能性がたかいです。

 今回は、金額はもちろん、納得いくまで治療を受けていただくことができ、大変ご満足いただけました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由