相談者 30代男性(会社員)・30代女性(兼業主婦) / 群馬県在住
事故態様 車対車
傷病名 男性:腰椎捻挫、頚椎捻挫等
女性:腰椎捻挫、頚椎捻挫、右手関節捻挫等

主な損賠項目と賠償金額

女性

傷害慰謝料 約60万円
休業損害 約50万円
最終支払額 約110万円(治療費除く)

男性

傷害慰謝料 約60万円
最終支払額 約65万円(治療費除く)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

群馬県在住の30代男性が車を運転し緩やかなカーブを走行していたところ、センターラインをはみ出して走行してきた対向車に衝突され、同乗していた奥様と3人のお子様全員が怪我を負う交通事故に遭われました。

事故後は怪我の治療のため通院を続けており、今後の治療についてや保険会社との示談金額の交渉を任せられる弁護士を探していたところ、弊所のホームページで自分たちと似た事例をご覧になられ、県外ではあるが対応を任せたいとのことでご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいた時点でお子様の治療は終了していたものの、家族全員同じタイミングで示談交渉を行いたいというご両親の希望もあり、まずはご夫婦に治療に専念いただくようにし、その間に、加害者側の保険会社よりこれまでの経過がわかる資料を取り寄せて詳しい怪我や治療内容を確認しました。

事故から3か月経過したタイミングで保険会社から治療費の支払いを打ち切りたいと申し出がありましたが、怪我の痛みが強く治療の継続をご夫婦ともに希望されたため、弁護士が交渉を行い、1か月の延長が認められました

その後、治療終了のタイミングで損害額を計算し、示談交渉へと移りました。

示談交渉では、正社員として働く奥様の休業損害や家族全員の傷害慰謝料が争点となったものの、家事従事者であることを示す資料やどのように支障があったかを具体的に説明し、主婦としての休業損害が認められ、傷害慰謝料部分も裁判基準の9割が補償されました。

保険会社は、フルタイムで勤務する正社員について主婦の休業損害を認めないこともありますが、本件の交渉では被害者の主婦としての実態や支障を細かく説明したことが、主婦の休業損害が賠償として認められたポイントだったと思います。

お客様アンケート

お客様の声

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由